nero's daily memo
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 北北北に進路を取れ〜北海道旅行記#8〜 | main | 趣味、またはそんな文化 >>
瞬間の永遠性
今年一番注目の美術展「オルセー美術館展 2010−ポスト印象派

やっとこさ観てまいりました。


連日大盛況とのことでしたので

なるべく混雑を避ける為、狙ったのは金曜日の夕方。

仕事を終えて、新国立美術館へ直行!

ほどほどの混み具合で、難なく入場。良かった♪


展示作品は115点とかなりのボリューム

誰もが一度は目にしたことのある作品が数多く(美術の教科書とか!)

絵画にさほど詳しくない私にも本当に見応えがありました。


お目当ては、モネ、ゴッホ、セザンヌ、ゴーギャン、ルソー…といったところでしたが、

スーラやロートレック、ボナールあたりにも好きだなと思う作品が!

また、好きという感覚とは別に、何故か惹かれる(じっと観てしまう)作品も!

引力というか、何かこちらに訴えているというか…


学術的なことや技法等、全く分かりませんが

画家達は、対象(風景や人物、物など)に宿る美しさ、一瞬のきらめきを

各々の表現で封じ込めたのでしょう。

それは100年以上の年月を経て、更には海を越え、異国の地も巡るのですから

きっと本人達にも想像出来なかったことでしょうね。





スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hibinoneiro.jugem.jp/trackback/106
TRACKBACK