nero's daily memo
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

FM俺vol.11開催のお知らせ
夏ですね。とうとう本番の夏ですね。

年々直射日光への耐性が失われている感の拭えない私です(><)


さてさて、FM俺vol.11が明日(もう今日だ!)開催されます。

出演者、ご来場の皆様のおかげで定期的に行ってきたこのイベント、

私の個人的事情により、今後は不定期になってしまう可能性が大きいのですが

その分明日は…みんなで一緒に盛り上がれたら嬉しいです♪

ご都合宜しければゼヒご来場下さいませ!

どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m



 =SUNDAY JUL 24 – DJ EVENT "FM 俺(ORE)"=
 @EDGE END SHIBUYA TOKYO 03-5458-6385 (tel&fax)

 ::Time Schedule::
 18:30-1.NORI-C『GO!俺TEAM』
 19:00-2.サトコックス『センチメンタルジャミン』
 19:20-3.Markey『山達☆ナイト』
 19:45-4.DJ久保頼三朗『止めろ!放射能!』
 20:15-5.sano『パッポン』
 20:45- 6.ミラクル沼尾『俺ルーツ』
 21:15-7.nero『よいこのためのエレクトリカルパレード-節電バージョン』

 DOORS 18:00 / SET 18:30- more information>>http://blog.livedoor.jp/fmore/

FM俺vol.10のプレイリスト!
今回のFM俺では、いろいろと初の試みがありましたが、

出演者・お客様のおかげで、無事終えることが出来ました。

そして、私も今回初の試み→アナログでの選曲に挑戦してみました!

そのプレイリストと、ちょっとしたコメントを記載したいと思います。

=20110327(SUN)FM俺vol.10-1.nero PLAY LIST=
1.Top Of The World / The Carpenters
2.Have You Never Been Mellow / Olivia Newton-John
3.Lovin' You / Minnie Riperton
4.Ribbon In The Sky / Stevie Wonder
5.Human Nuture / Michael Jackson

*入りBGM>>Waltz For Debby / Bill Evans


今回は持ち時間が短いということで

私の持っている数少ないレコードでの選曲にしようと決めておりました。

CD世代の私にとって、レコードで所有するということは

その楽曲ないしはアーティストにかなり思い入れがあることを意味します。

つまり、私の琴線に触れる名曲といったところであります。


1のThe Carpenters、もうとにかくカレンの声です。カレンの唄ならなんでもいいというくらい
私は彼女の声が大好きですし、憧れてもいます。
Top Of〜を選んだのは、少し明るめでいきたかったことと…
え〜と、ト、トップバッターだったから…(小声)

2は、この美しい容姿(写真→ジャケ参照)とハイトーンボイス、そして楽曲の持つきらめきに心躍るOlivia Newton-John。どうしても、主題歌だったあのドラマのイメージが拭えないのですが、あらためて聴くととてもいい曲だなぁと思います。

3のLovin' You、この曲は私が高校生の頃にバイトしてた某ファーストフード店で、
土日の早朝、よく店内でかかってました。学校の日より早起きしなきゃいけないなんて…とお金を稼ぐ厳しさを目の当たりにしつつも、この曲が聴こえてくると、眠気も一気に飛んで心が和んだものです。レコードで聴いて驚いたのは、イントロやそこかしこに散らばる鳥のさえずり。CDなんかと比べものにならないくらい、澄んだ美しい声でさえずってます☆

4、うーん、スティービーも好きな曲ありすぎて、どの曲でも良かったのですが
Ribbon In The Skyはまったりと心を染めます。なんでしょ、このメロウさは。
こんなに楽曲にロマンチシズムを詰め込めるものなのでしょうか。
素晴らしく美しい曲だと思います。ピアノソロのとこに一際グッときます。

5は、実は急きょ用意しました!が、やはり大好きな曲のひとつです。
でも、出会いはSWVのRight Hereから入りました。この曲のサンプリングだったことに気付いたのは、ここ最近のことで大変驚きました!(遅っ)
同じくマイケルのheal the worldと悩みましたが、レコード探せなかったことと
時期的にあまりにも直球すぎるかなと思ったので、結果これにして良かったです。

入りBGM、これはですねー、、、
もし無人島に好きな音楽を持って行けるとしたら?という問いが、確か某大手CDチェーン店フリーペーパー内にあったと記憶してますが、
このWaltz For Debbyは、私にとって是非あの世に持って行きたい作品です。
もし可能ならお葬式かなんかにはかけて欲しいです。多分遺言に書きます。それくらい、、、な作品です。

nr327.jpg

STING=シンフォニシティ・ツアー2011=
とっくのとっくに2011年は始まっており、今更大変恐縮ですが…(笑)

皆様、あけましておめでとうございますm(_ _)m

今年一年がどなた様にも素晴らしい年となりますように!


タイトルにありますように、先日武道館で行われましたSTINGのLIVEへ行ってまいりました。

来日公演の情報を知った時「行きたい!」と思ってたものの

すっかり忘れていた頃に、お声が…しかもアリーナ席なんて!!まさに神降臨の瞬間(笑)


さて、今回のLIVEはオーケストラ(東京ニューシティ管弦楽団)との共演。

個人的には、それも観に行きたかった理由の一つ。

それは何故か?

何十もの楽器が音を出す中で、歌声を放つというのは実に至難の技だと思うのです。

まして、クラシックの声楽とは異なるポップスのアーティストならなおのこと…

でも、きっとSTINGなら素晴らしいステージにするであろうという期待があったので。


当日、予想を上回る圧倒的な歌唱力に

始まってからしばらくの間、感動で何度も泣きそうに(笑)

コーラスのお姉さんもSTINGに負けないくらいパワフルで、とても良かったです。


高く響き渡る声、楽曲の世界観はオーケストラの音圧を見事に引率し

STINGは真のアーティストだなぁとあらためて思いました。

ポリスの曲を含め、聞き覚えのある曲ばかりだったことも単純に嬉しかったなぁ!


LIVE終了後もその余韻は続き、自宅で久々にSTINGを聴こうとCDを探したところ…

ショック、何故か見つからない(泣)

しようがないのでYoutubeを検索したら、

なんと、2010年のベルリンでの同ツアー映像を発見!

これまた味わい深くてすごく良かったです♪

一部をリンクしておきますので、ご興味のある方はYoutubeで続きを検索してみて下さいな↓

注:全て観るとなると、結構なお時間です(^^;)
でも、音と映像のクオリティは最高でオススメ★


FM俺vol.09終了!
11/23のFM俺Vol.09は無事終了しました!

ご来場頂きましたお客様、

ご出演の皆様、渋谷Edge Endのマスター

本当にどうもありがとうございました。


今回も様々な曲、人々、、、出会えて光栄です☆

ちょっとずつ出演の輪も広がりつつあるかな?

全くやったことない方こそチャレンジして頂きたい…そんなイベントです♪


私の今回のテーマは『blackmuse9』で

好きな黒人女性の歌い手さん9人の曲をかけました。

ホント、声質・歌い方が全く違うんですよね!

なんというか、魂の響き?到底真似の出来ない揺さぶりがあるんだよね。

(骨格の関係で、声の響いている箇所が日本人や多人種とは異なるのだそうですが、
そんなことではなく、生命力や人類の起源まで遡るようなもっと壮大なもの感じてしまいます・笑)

あと、関係ないのですが、黒人女性のあのメリハリのある横顔が大好き!!

おでこなんか、まぁるくてとてもきれいだなーと思います。


てなわけで、次回もヨロシクでございます!

FM俺vol.09開催のお知らせ
私とNORI-Cさんとミラクル沼尾さんが主催する 

DJイベント"FM俺"が来る23日(火)にあります。


好きな曲をおうちで友達に聞かせるような

ラジオ番組で個人的なテーマに沿って曲を流すような、

そんなまったりとしたイベントです♪ 

 皆様のご来場お待ちしております(^^)

 =SUNDAY NOV 23 – DJ EVENT "FM 俺(ORE)"=
 @EDGE END SHIBUYA TOKYO 03-5458-6385 (tel&fax)

 ::Time Schedule::
 18:40-NORI-C 
 19:10-DJメガネ 
 19:40-nero
 20:10-DJチキンバーA.K.Aボリュームダウン
 20:40-takano 
 21:10-ミラクル沼尾
 
 DOORS 18:00 / SET 18:30- more information>>http://blog.livedoor.jp/fmore/
キリンジのLIVE
体に素直に浸透する音楽


キリンジの音に触れた時に久々にその感覚を思いだした

いや、決め手は歌詞だった

ただの一節に深いシンパシーを覚える


そんな素敵なアーティストに出会えたあまりの喜びに

もっと早く聴いていればよかったと少しばかり後悔もした。


なんとか今回ツアー初日のチケットを手に入れ

台風の最中、行ってきました横浜BLITZ

ソールドアウトで混み合う中、PA席の後ろの隙間から覗いてみるライブ

なんとなく出音が暖まるまで時間がかかった気もしたけど

もうそれも含め全て良しとします(^^;)

「都市鉱山」という曲がその日一番かっこよかったな☆

私の好きな曲→「Drifter」「ブルーバード」、あと「嫉妬」も聴けたので満足♪


特に「Drifter」は、今でも聴いてて泣きそうになる

=みんな愛の歌に背つかれて 与えるより多く奪ってしまうのだ=

こんな思慮深い歌詞、そうそう書けるものじゃないと思うし

また、ヤスさんの柔らかいヴォーカルで唄うからこそ言葉が強くなり過ぎない。

心にすっと入ってきて、救われた気持ちになる。きっとこれからも。


こういうモノづくりがしたいなと心底思った。











どうもありがとう☆
100802_0109~01.jpg
本日の日吉Napでのライブ、終了してきました!

ご来場頂き聞いて下さった皆様、
共演者の方々並びにNapのスタッフさん、
本当にありがとうございました!!


今回のライブは、自分の中で区切りにするライブと位置付けてました。

今後のことも見据えた上で
一旦全てを白紙に戻そうと。

ちょっとした勇気も必要だったことは確かですが

自分自身納得のいく決意。

でも、決めたと同時に
私は今もこれまでも沢山の人たちに支えられてきたということと
やはり音楽が、唄が好きだということを
あらためて実感しました。

これは、恐ろしく幸せなことだと思う。そう思います。


一から考えなおした先にどうなるかは
私自身も分かりませんが

今はただただ感謝あるのみです。


私が人前で唄うのに関わって下さった皆様方、
本当に本当にどうもありがとうございます!

***2010/08/01(SUN)LIVE @日吉nap SET LIST***
1.東京遊泳
2.月へと架ける橋
3.mimosa
4.Hallelujah
5.てぃんから てぃんから

『lovers live』/sade
ずっと気になっていた

sadeのDVD『lovers live』を

ようやく購入・鑑賞。


素晴らし過ぎです!!!

熱気に包まれる会場

ハスキーでスムージィな歌声(ほんっとに歌唱力がスゴイ!!)

息のあったバンドの生み出す心地好いグルーヴ

シンプルながらも曲に沿った照明&VJ


気が付くと終始横揺れで音に浸る私

何だろ、この浮遊感

真夏にプールで漂うかのような

(決して海ではなく、あの塩素の匂いと底の水色…なんです)


vocalのSade Aduの一見近寄りがたい程美しく

クールでエキゾチックな風貌とは裏腹に

お茶目なところもとても魅力的


CDでは味わえないライヴならではの熱さが味わえます

まさに大人の余裕が織り成す

幸福感たっぷりのライブDVDです



評価:
---
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
(2002-04-23)

nujabes

しんしんとして

一段と寒い冬の日は


部屋を暖め、コーヒーを淹れて

のんびり過ごそう

そんなひとときに流すBGM…


私にとってnujabesの音楽は

まさに暖炉のような存在

心身共々凍てつきを溶かしてくれるかのような



それまでHIP HOPには全くといってよい程

興味がなかった

初めてnujabesを視聴機で聞いた時に

こんなに美しいHIP HOPがあるのかと

衝撃を受けた


それと同時に、

ああ、もっとオープンな気持ちでいろんな音楽に

接しようとも思わせてくれた



もう、

あなたの新しい音には触れられないけれど


寒い冬の日、寝付けない真夜中、

隙間を埋めるように、沈静するように、

これからも私はあなたの音楽を聴き続けることでしょう


宝石のような音を本当にどうもありがとう


安らな旅立ちをお祈り申し上げます


評価:
Nujabes,Uyama Hiroto,Cise Starr,Terry Callier,SHING02,Substantial,Pase Rock,Apani B,Akin
¥ 3,000
(2005-11-11)

ann sally LIVE!
念願のann sallyライブ、行ってきました!嬉し☆


その歌声にホント何度心が洗われただろう


ラッキーにも会場は近場、めぐろパーシモンホール

ゆったりライブというお子さま連れOKの企画で

ホールライブには珍しく

家族で観に来ている人達がほとんどでした(場所柄もあり…)


2F席からの観賞、少し遠かったけれど

白のロングドレスで颯爽と登場し、

ピンスポットに照らされて唄う彼女は

さながらスターウォーズのレイア姫のようにも見えました(あの立体メッセージのね!)


気のおける仲間達と気張らず、分かち合って音を奏でてる…

何も特別でなく、日常に存在している時間の流れ…

そんな印象を受けました


いいな、何だかすごく理想的


いやいや、

きっと本来音楽とは誰の日常にも密接に存在するものなのでしょうね


まったり心和む土曜の午後でした



090926_1732~01.jpg

評価:
アン・サリー
¥ 2,531
(2007-07-18)